保育士試験科目・実技試験について

保育士試験科目・実技試験について

保育士実技試験とは?

保育士実技試験は毎年、筆記試験が終わり、10月頃の1日間で開催されます。
実技試験を受験するには、筆記試験全科目を合格しなければなりません。

 

@音楽表現に関する技術

 

A造形表現に関する技術

 

B言語表現に関する技術

 

の3科目から、2科目を選びます。
自分の得意分野を選択しましょう!

 

実技試験に関しては、筆記試験のように片方を合格して、片方が不合格であっても次回の試験で免除されることはありませんので、2科目とも合格をしなければなりません。
合格ラインは6割が基準とされています。

 

実技試験の課題は、事前に配布される「保育士試験受験の手引き」に掲載されています。

 

●音楽表現に関する技術とは

 

あらかじめ指定された課題曲2曲を幼児に歌って聴かせることを想定し、ピアノ・ギター・アコーディオンのいずれかで弾き歌い((伴奏しながら歌う)します。
楽譜の持ちこみ可。
ピアノ以外の楽器は持参します。

 

●造形表現に関する技術とは

 

保育所(園)での子どもたちと保育士との活動の一場面を絵画で表現します。
表現に関する問題点・条件は試験当日に提示されます。

 

試験当日は、鉛筆またはシャープペンシル(HB〜2B)、色鉛筆(12〜24色)、消しゴムは各自で用意します。
試験時間は45分

 

●言語表現に関する技術とは
3歳児に適した童話などを3分間にまとめて話します。
目の前に20人程度の3歳児クラスの幼児に集中して話を聞かせる時間という想定のもとに話します。
話は、童話・昔話など自由。
絵本・道具などの使用は一切禁止になります。

保育士実技試験「音楽表現に関する技術」

それでは、実技試験の一つ、「音楽表現に関する技術(音楽)」について、過去にどのような課題曲があったのでしょうか?

 

平成25年度の課題曲は「めだかの学校」・「そうだったら いいのにな」
楽譜は、「保育士試験受験の手引き」に掲載されています。

 

「音楽表現に関する技術」に改名される前ですが、平成24年度は『大きなたいこ』『おんまはみんな』

 

平成23年度『思い出のアルバム』『あめふりくまのこ』

 

平成22年度『とんでったバナナ』『ちょうちょう』

 

平成21年度『ぞうさん』『さんぽ』

 

いずれも幼児に歌って聴かせることを想定して、課題曲の両方を弾き歌いします。

 

 

おすすめ保育士の通信講座情報サイト

BrushUP学び
試験対策通信講座・近くの学校(スクール)をまとめて探すならこのサイト!
BrushUP学びでは保育士・ベビーシッター・チャイルドマインダーなど気になる講座一括無料資料請求できます。

↓↓↓↓


保育士資格取得の勉強なら
BrushUP学びで検索

 

通信講座選びは慎重に!
同じ保育士の通信講座でも講座内容・受講料も違います。
資料などを請求し、比較検討をして決めましょう。

保育士試験科目・実技試験について関連ページ

保育士試験・日程・難易度・申込み
保育士試験の日程、難易度、申込みについて
平成25年度保育士試験日程
保育士になりたい人必見♪平成25年度保育士試験日程・当サイトは保育士の資格取得方法・就職先・おすすめ通信講座など最新情報を紹介しています。
保育士試験の科目改正について
保育士試験は平成25年から科目が改正されます。最新の試験科目と内容についてまとめました。
保育士試験の受験資格
保育士試験の受験資格について詳しくまとめています!

ホーム RSS購読 サイトマップ