保育士にピアノは必要?レベルは?

保育士にピアノは必要?レベルは?

保育士にピアノは必要?

保育士になるには、ピアノは弾けないとだめ?
レベルはどれくらい?
という疑問をもっている人は多く、保育士になりたいけど、ピアノは一度も弾いたこともない人もたくさんいるようですね。

 

さて、保育士のピアノのレベルはどれくらい必要なのでしょうか?

 

実際のところ、保育士の資格をとるのにピアノの実力はあまり関係はないようです。

 

弾けなくても保育士にはなれます。

 

ピアノがどれくらい上手に弾けるかどうかよりも、ピアノを弾きながら大きな声で楽しく歌えるかどうかです。

保育士の実技試験は?

保育士には筆記試験合格後、ピアノやギター、アコーディオンを使った「音楽表現に関する技術」という実技試験があります。

 

ただし、実技試験は@音楽表現に関する技術A造形表現に関する技術B言語表現に関する技術の3科目から2つを自分で選択できますから、どうしてもピアノに自信がない場合は造形・言語を選択し、ピアノを避ければいいのです。

 

「音楽表現に関する技術」の実技試験は幼児に歌って聴かせることを想定し、ピアノ・ギター・アコーディオンのいずれかで伴奏しながら歌う試験になります。

 

指定される課題曲は、「めだかの学校」「ちょうちょ」「ぞうさん」など、主に童謡が課せらます。

 

楽譜は読める、子供の時少しでもピアノを弾いた事があるといった人であれば自宅で効率よく練習すれば弾ける曲ではあるかもしれません。

 

ピアノが弾けなくても保育士にはなれるけれど・・・

 

保育園によっては、採用試験にピアノを弾く試験のあるところもあります。

 

今ピアノが弾けなくても、後のことを考えれば、ピアノは弾けないよりも弾ける方が、これから先就職の幅も広がる事はまちがいありません。

おすすめ保育士の通信講座情報サイト

BrushUP学び
保育士の通信講座・スクールもまとめて探すならこのサイト!
保育士・ベビーシッター・チャイルドマインダーなど様々な講座をまとめて比較&無料資料請求できます。

↓↓↓↓


保育士資格取得の勉強なら
BrushUP学びで検索

 

通信講座選びは慎重に!
同じ保育士の通信講座でも講座内容・受講料も違います。
資料などを請求し、比較検討をして決めましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ