保育士と幼稚園の先生の違い

保育士と幼稚園の先生の違い

保育士と幼稚園の先生の資格の違い

幼稚園の先生と保育士は子供を預かるという点が同じなため、混同されがちですが働く場所(幼稚園と保育園)が違いますし、対象となる子供の年齢や時間、資格(取得方法)も違います。

 

どちらも先生とよばれていますが、保育士は教師ではなく、幼稚園の先生は、いわゆる学校で働く教員になります。

 

幼稚園の先生は保育園で保育士として働けませんし、保育士も幼稚園では幼稚園の先生として働けません。

 

※パートなど補助としての勤務として募集を欠けている場合はあります。

 

保育士になるには、「保育士」の資格を、幼稚園の先生は「幼稚園教諭」の免許が必要です。

 

どちらも国家資格になります。

 

保育士の資格取得方法は2通りあります。

 

・保育士国家試験に合格する

 

・厚生労働省が指定する養成学校(大学・短大・専門学校)を卒業する

 

幼稚園教諭の免許資格取得方法は、基本的には幼稚園教諭免許の取れる教職課程のある大学や短期大学等で卒業が必要です。

 

保育士として3年以上の実務経験がある場合は、教員資格認定試験を受験することで幼稚園教諭二種免許が取得可能です。

 

保育士と幼稚園教諭が両方取れる学校検索・資料請求ならこちら!

↓↓↓↓


保育士
資料請求や、願書の取り寄せができるサイトです。
学校選びは慎重に比較検討して、自分にあった学校を選んでくださいね!

幼稚園と保育園の違い

保育士の職場・就職先は一般的に「保育園(保育所)」になり、幼稚園の先生の職場・就職先は「幼稚園」になります。
ここでは、幼稚園と保育園の違いについてまとめたいと思います。

 

管轄の違い

 

幼稚園・・・学校教育法に基づく学校・管轄は『文部科学省』
保育園・・・児童福祉法に基づく児童福祉施設・管轄は『厚生労働省』

 

つまり、幼稚園では教育を、保育園では保護者に代わり、保育と集団生活を中心とした指導を行います。

 

施設目的

 

保育園・・・保育に欠ける乳幼児を保育する
幼稚園・・・小学校就学前の幼児を保育する

 

入園できる年齢

 

保育園・・・保育に欠ける乳児・幼児、一般的には0歳〜小学校就学前まで
幼稚園・・・満3歳〜小学校就学前まで

 

一日の教育・保育時間

 

保育園・・・4時間(標準)
幼稚園・・・8時間(標準)

 

保育園の場合、延長保育や、夜間の保育を実施する施設もあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ